1級土木施工管理技士

【建築・土木転職】従業員600名の人事課長が教える失敗しない転職法

更新日:

 

我慢しない、前に突き進め!

 

三姉妹パパ
建築・土木業界の転職について施工管理者、人事管理者の立場から解説していきます

 

転職するかしないか、すごく悩みますよね。

収入が減少するかも?

せっかく就職できた会社を退職するの?

 

私の結論として、転職は成功だったと確信しています。

転職は環境が大きく変わるため、思い切った決断が必要ですね。

 

経済産業省の調査によると、令和3年時点の 国内の法人企業は 約178万社

この数字を見ると、勤務された会社とは本当に深いご縁だったと思います。

 

三姉妹パパ
私の転職経歴です。1回の転職でしたが成功しました
  • 【18歳】工業高校の建築科を卒業
  • 【22歳】地方大学の土木工学科を卒業
  • 【22歳】都内の中堅ゼネコンに就職、現場管理者として東北地方へ配属
  • 【23歳】1年後、職場環境に悩んで転職を決意
  • 【23歳】中堅、建築資材メーカーに中途入社、開発・設計を担当
  • 【25歳】1級土木施工管理技士ほか、技術資格を取得
  • 【33歳】人事部門へ異動、年間200名の採用面接を経験
  • 【39歳】人事課長に抜擢、働きやすい職場を構築中

建築・土木技術者として長く働くつもりが、縁あって人事管理者として仕事をしています。

 

三姉妹パパ
私の転職経験が、少しでもお役に立ててばと思います

 

建築・土木業界が働きやすくなった3つの根拠

 

20年前の建築・土木業界は、いわゆる3K(キツイ・キタナイ・キケン)でした。

当時は、昔ながらの風習が残っており、根性論的な上司が多かったと記憶しています。

 

ここ最近、法改正等により建築・土木業界の待遇が見直しされています。

働き方改革の追い風もあって、多くの企業が人材確保に必死になっています。

ですから、求職者ファーストになりつつありるのです。

 

ここで、建築・土木業界が働きやすくなった根拠を挙げてみます。

 

建築・土木業界の賃金アップ競争

時間外労働の上限規制(法令規制)

女性活躍推進法の推進

 

三姉妹パパ
建築・土木業界の転職メリットの「なぜ?」を紹介します

 

建築・土木業界の賃金アップ競争

【出典】首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/headline/chinage/index.html

 

建築・土木業界のみならず、社会全体の所得増加をめざして国が政策に取り組んでいます。

積極的な賃上げをした中小企業に対して、法人税額の特別控除が受けられる「賃上げ促進税制」など、賃上げした企業側にメリットとなるよう、国が主体となって活動しています。

また、建築・土木業界の人手不足から、賃金を大幅にUPして企業間の賃上げ競争が起るなど、建築・土木転職希望者にとってメリットが増えていると言えます。

 

時間外労働の上限規制(法令規制)

【出典】厚生労働省 https://hatarakikatakaikaku.mhlw.go.jp/overtime.html

 

2024年4月以降、残業時間の上限は原則として月45時間とされ、特別の事情がない限り45時間を超える労働はできなくなりました。

法令改正により、会社は時間外労働の時間を守る必要があるため、今後は労働基準監督署の監視が厳しくなると予測されます。

時間外労働の上限規制により、長時間労働が削減され、建築・土木業界も働きやすい労働環境にへ変化していく事となるでしょう。

 

女性活躍推進法の法令順守

【出典】厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html

 

女性活躍推進法は、女性が安心して働ける職場づくりを推進する法令です。

20年前の建築・土木業界は、女性は働きにくい職場だったかもしれません。

作業現場によっては、更衣室やトイレが整備されてませんでした。

しかし、最近の土木業界では女性管理者も増え、女性を積極的に受け入れる体制が加速しています。

法令順守を目指している企業は、女性の活躍だけでなく働きやすい制度の見直しを行っています。

 

例えば、

男性育児休、有給休暇の取得推進、フレックスタイム制の導入など、制度として多様な働き方を推進し、労働者に配慮した職場環境となるよう見直されています。

ですから、ひと昔に比べると建築・土木業界は働きやすい環境へ変化している事は確実です。

 

騙されない!建築・土木業界ホワイトな会社を探す4つの方法

ところで、ホワイトな会社ってどんな会社でしょうか?

休みが多い、取りやすい

残業が少ない

勤続年数が長い

様々な条件が思い浮かびますが、それには企業の内側を知る方法があります。

ホームページやCMには騙されない、企業の内側を探る4つの方法を紹介します。

 

女性の活躍推進企業データベース

働き方改革推進企業認定サイト

健康経営優良法人認定制度

安全衛生優良企業マーク推進機構

 

女性の活躍推進企業データベースで企業名を検索

【出典】厚生労働省 https://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/positivedb/search_int

 

厚生労働省が運用する「女性の活躍推進企業データベース」で企業活動を探ることができます。

女性の活躍推進法は、常時101人以上の事業主を対象として、会社の内情公表が求められています。

 

公表項目については次の通り

 

会社情報の公表では、企業としての行動計画や実績データなどが公開されます。

気になる企業を検索して、どのような計画や実績であるのか調べることができます。

一つの指標として「女性の活躍推進企業データベース」で企業活動を確認してはいかがでしょうか。

 

働き方改革推進企業認定で企業名を検索

【出典】埼玉県 https://tayou.pref.saitama.lg.jp/

 

働き方改革推進企業認定では、都道府県、市区町村ごとに認定制度としてwebサイトに企業名が公表しています。

認定企業の項目としては

「実現に向けての手法・工夫」「分野別の取組み」など28項目のうち、14項目の達成が条件となっています。

 

参考 評価項目の例(茨城県 産業戦略部)

  • 時差出勤やテレワークなど多様な働き方を実現する制度があるか
  • 業務の効率化や生産性の向上に取り組んでいるか
  • 労働時間数、年次有給休暇の取得率、離職率などの数値が優れているか

 

働き方改革推進企業取得メリットとして、都道府県、市区町村からの認定ステッカー、合同企業説明会の参加権など企業メリットがあります。

「働き方改革推進企業認定」から、気になった企業を探してはいかがでしょうか?

 

 

健康経営優良法人認定制度で企業名を検索

【出典】経済産業省 https://kenko-keiei.jp/

 

健康経営は、従業員の健康にはもちろん、長期的に企業の経営を向上させる効果が期待されるとして注目されています。

上記のようなロゴを見たことはありませんか?

 

健康経営優良法人の認定要件は、以下の通りです

  • 経営理念
  • 組織体制
  • 制度・施策実行
  • 評価・改善
  • 法令順守・リスクマネジメント(自主申告)

 

会社全体での取組のため、認定を受けるにもパワーが必要です。

「健康経営優良法人の認定」の企業メリットとして、企業イメージの向上、人材確保、助成金利用など様々です。

とにかく認定企業は維持するために、働きやすい職場形成に努めていると考えられます。

 

 

安全衛生優良企業マーク推進機構で企業名を検索

【出典】安全衛生優良企業マーク推進機構 https://shem.or.jp/

 

厚生労働省の委託業者として、非営利団体である安全衛生優良企業マーク推進機構

第3者目線でホワイト企業、ブラック企業を紹介してますので、平等な情報公開ではないでしょうか。

例えば、厚生労働省が認定するホワイトマークやくるみん、えるぼしなど認定された企業をスポット検索できるので貴重なwebサイトだと思います。

気になった企業を探してはいかがでしょうか

 

建築・土木転職 人事担当から見た面接で成功する3つの特徴(KSキャリア)

 

施工管理者としての現場経験、日本各地で年間200名の面接経験から、成功する人、失敗する人の特徴をまとめてみます。

個人的の感想ですが、参考にいただければと思います。

 

成功する人の3つの特徴、何が強みなのでしょうか?

  • コミュニケーションが取れる
  • 転職の理由を説明できる
  • 清潔感がある

 

コミュニケーションが取れる

仕事を進めるうえで、コミュニケーションは大切なことです。

顧客と接する営業職はもちろんですが、技術職、事務職でもコミュニケーションを重視している企業は多いはずです。

なぜかというと、一人では仕事は成り立ちません。お客様があってこそ、商売が成り立つからです。

コミュニケーションが苦手な方もいらっしゃると思いますが、意識するだけで変われると思います。

 

私の会社では面接の際に「コミュニケーションが取れるか?」を、審査項目として判定します。

一般企業務めを希望するなら、コミュニケーションの方法について考える機会を設けてみてください。

 

転職理由を説明できる

もし、あなたが採用担当者の場合、転職理由を説明できないと不安になりませんか?

もしかしたら、「前職でトラブルがあったかもしれない」と疑ってしまうかもしれませんね。

 

実は、転職の理由として

人事担当者である私の見解は、どんな理由でもOKです。

理由がしっかり答えられればに限られますが。

 

例えば、良い例(ポジテブ)な転職理由として

  • 前職で叶えられなかった○○の仕事を実現したい
  • 飛び込み営業ではなく、ルート営業に挑戦したい
  • 前職で経験した○○について、御社で活躍できると思う
  • 育児や介護のために、転勤のない仕事を希望したい

 

悪い例(ネガティブ)な転職理由として

  • 上司と意見が合わず、喧嘩して退職した
  • 無理やり仕事をさせられた
  • 精神的に落ち込み、会社に行かなくなった

悪い例(ネガティブ)な例は絶対に口に出してはいけません。

採用側からすると、絶対に合格は出しません。

 

言い換えの良い例として

  • ○○の知識や経験を、御社で挑戦したいです
  • 広い地域より、地元に貢献した仕事を希望します
  • 〇〇な弱点があるため、積極的に挑戦したいです

転職理由はポジティブに発言しましょう。

 

清潔感かある

面接での第一印象は大切なことです。

人事担当側での第一印象は、清潔感は評価に大きく影響します。

 

例えば、

髪の毛がボサボサなら?服装が乱れていたら?においが気になったら?

面接では合格しません。

 

なぜなら、私生活が乱れている可能性があるから。

あと、面接では靴を見ることがあります。

面接を受ける時は、第一印象を大切にしてください。

 

 

転職前後に準備すべき事

 

 

転職前に確認すべきこと

  • 退職届の作成退職金の有無確認年次有給休暇の残日数

 

 

 

 

転職後に備えて確認すべきこと

  • 離職票の発行有無
  • 退職後の社会保険加入

 

土木業界の転職に有利な資格(株式会社ディーラーニング、株式会社オンラインスクール)

 

  • 技術士
  • 土木施工管理技士
  • 危険物取扱者
  • 衛生管理者
  • 車両系建設機械
  • 玉掛け、クレーン
  • CAD利用技術者試験
  • 建設業経理士
  • 知的財産管理技能検定
  • 社会保険労務士

 

 

土木業界の職種別に探す転職法(KSキャリア、株式会社H&Company)

 

  • 施工管理職
  • 一般事務職
  • 営業職
  • 開発、研究職
  • 設計、CAD職
  • 知的財産
  • 製造職
  • 重機オペレーター
  • 測量

 

 

 

土木業界マッチング転職の探し方(KSキャリア、株式会社H&Company)

 

ハローワーク

 

ナビサイト、人材紹介会社

 

知人を頼る

 

 

転職先の経営状況を確認する方法(KSキャリア)

 

財務諸表

企業の1年間の財務状況をまとめた資料

 

上場企業の売上の調べ方

有価証券報告書

財務諸表に加えて、企業の概況や事業の状況などを開示するための報告書のこと

 

決算短信

決算書類の速報版のようなもので、上場企業は決算から1〜2ヶ月で公表します

 

非上場企業の売上の調べ方

有価証券報告書をEDINETで調べる

 

決算公告を調べる

 

会社四季報の未上場会社版で調べる

 

民間調査会社のデータから調べる

 

内定が多数出た!どの会社に行くべきか3つのアドバイス(KSキャリア)

 

労働条件通知で比較検討する

条件に合った待遇か?給与、ポジション、勤務先、労働条件

 

会社の経営状況・経営方針

 

福利厚生などの会社制度

 

 

 

知らなきゃ損する給与のはなし

 

給与高いけど見込残業代入ってない?

 

給与から徴収される社会保険料、税金

 

-1級土木施工管理技士

Copyright© 日々絶好調 , 2024 All Rights Reserved.