子供の教育

勉強法のベストセラー100冊のポイントを1冊にまとめた本、更に簡単にまとめてみた

投稿日:

 

勉強法のベストセラー「100冊のポイントを1冊にまとめてみた」を更に短時間で分かるよう、まとめてみました。

この本は、大学教授・脳科学者・エリート・独学の達人など、勉強法のベストセラー100冊を分析し、作者が推奨する勉強法のノウハウ本です。

子どもから大人まで実践できるので、「この方法、早く知りたかった!」なんて情報も見つけられました。

ベストセラー作者が、どのような勉強法を推奨しているのか、ランキング形式で公開します。

これを見れば、効率の良い勉強方法を見つけられるでしょう!

「勉強法のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

新品価格
¥1,650から

 

勉強法ベストセラー作者が推奨するランキング40位まで公開

 

とにかく勉強法に迷ったら、この方法を実践してみよう。

勉強法ベストセラー作者が推奨するランキング1位から40位まで一挙に公開していきます。

1位 繰り返し復習する

2位  「目的」と「ゴール」を明確にする

3位 上手な「休憩」で学びの「質」が上がる

4位  「ごほうび」でドーパミンを活性化

5位 ゴールから逆算して計画を立てる


 

6位 スキマ時間を活用する

7位 「集中しやすい空間」を作る

8位 一夜漬けにしない。よく眠る

9位 ノート作りは「活用」を意識する

10位 学びの基本は「人から教わる」


 

11位 スピードや暗記より「内容理解」

12位 学ぶ対象に「興味」を持つ

13位 失敗しても反省しすぎない

14位 「人と話す」と記憶が定着する

15位 「合わないやり方」に固執しない

16位 速読を身に着ける

17位 タイムリミットを設ける

18位 やさしい参考書からはじめる

19位 「運動」が脳を鍛える

20位  「五感」を総動員して学ぶ


 

21位 インプット後にアウトウットする

22位  「朝」と「夜」を使い分ける

23位 合否は「過去問」の使い方で決まる

24位 ともに高め合える仲間を作る

25位 疑問を持ったら「すぐ」に調べる

26位 音読をすると、記憶力がアップ

27位 「基礎」の徹底だけでも、合格できる

28位 他人を気にしない

29位 継続は力なり

30位 食事を変えると成績も変わる


 

31位 身銭を切る、お金をかける

32位 テストでは解ける問題から解く

33位 マルチタスクはしない

34位 いつやるか?今でしょ!

35位 「圧倒的な量」をこなす

36位 勉強内容はこまめに切り替える

37位 「自分のレベル」を把握する

38位 苦手こそチャンスがある

39位 ルーティーンを決めておく

40位 適度なストレスはパフォーマンスを高める

 

勉強法で迷ったら達人が推奨するランキングベスト5を実践してみる

 

100冊の著書で効果的な勉強法ベスト5は、繰り返し学習、目的とゴールの明確化、休憩、ごほうび、計画が重要となっています。

具体的な方法について、まとめてみます。

 

繰り返し復習する

  • 復習の回数が多いほど、記憶が定着する
  • 短期記憶、長期記憶
  • 1日目の復習は「翌日まで」に
  • 一度覚えたことをそのままにせず必ず復習
  • 自分に合ったペースで復習
  • イメージやエピソードで覚える
  • 個人が経験した出来事で覚える
  • 頭の中で映像化(ストーリー)を作る。画像、写真、イラスト
  • 本の内容、登場人物、世界に入り込みながら読む

「目的」と「ゴール」を明確にする

  • 「どうなりたいか」を考える
  • 勉強意識がわき、何をすべきか具体的になる
  • 「何のために」を考える
  • 「絶対になる!」と強く望む

上手な「休憩」で学びの「質」が上がる

  • 「集中力が続く時間」で区切る
  • 集中力は長く続かない。自分に合った、「勉強+休憩」の組み合わせを見つける
  • 「ポモドーロ・テクニック」で集中力のサイクルを作る
  • 「勉強しない日」を作る
  • 焦らず、心身リフレッシュ

「ごほうび」でドーパミンを活性化する

  • 「ドーパミン」の力を借りる
  • 今日、目標のところまで勉強したら、明日はゆっくり休もう
  • 前回より良い点数を取ったら、アイスを買ってあげるよ
  • 「ほめ」は勉強の原動力になる
  • 能力や結果より努力をほめる
  • 小さな成功体験を重ねる

ゴールから逆算して計画を立てる

  • 逆算して「いつ、何をするか」を明らかにする
  • 最終目標と中間目標を立てる
  • 無理はしない
  • 計画は崩れるもの、優先順位が高いものから予定を組む

 

三姉妹パパ
繰り返し復習によって、記憶に残るんだね。目標や計画も大切なこと

 

さらに勉強法を追求するなら達人が推奨する40位まで実践してみる

 

勉強方法は人それぞれですが、勉強法のベストセラー作者の方法を行うことが効率化につながるかもしれませんね。

ベスト5以外の勉強方法について、整理してみました。

 

6位 スキマ時間を活用する

  • スキマ時間に何をやるかを決めておく
  • スキマ時間に単語を20個覚えるなど目標を決める
  • 10分空いたらこれができるというリストを作っておく
  • 単語帳、参考書など必要なものを準備しておく
  • スキマ時間に何をやらないかを決めておく
  • スマホをいじくらないなど

 

7位 「集中しやすい空間」を作る

  • 気が散る状況を防ぐ
  • スマホなど誘惑するものを遠ざける
  • 雑音を遠ざける
  • 勉強に必要な参考書だけ置く
  • 音楽を聴くなら歌詞なしで
  • たまには、いつもと違う場所を選ぶ

 

8位 一夜漬けにしない。よく眠る

  • 一夜漬けはしない
  • 理想の睡眠は7~8時間
  • 眠れないときの対処法を身に着ける
  • 仮眠で効率を上げる
  • 布団に入らない、タイマーや目覚ましを使う、アイマスクで光を遮断

 

9位 ノート作りは「活用」を意識する

  • 授業中は話に集中する、あとで活用できるノートを作る
  • 「何がポイントか」「見てわかる」「見返したくなる」ことを意識する
  • 使っているテキストや問題集に直接書き込む
  • 教科書や参考書を「ノート化」する
  • 教科書や参考書にまとめられていることをわざわざノートにまとめない

 

10位 学びの基本は「人から教わる」

  • みんなで教わるとモチベーションが続く
  • 成功している話を聞く

 

11位 スピードや暗記より「内容理解」

  • 理解できるかどうかが参考書選びの基本
  • 理解度を優先に考える

 

12位 学ぶ対象に「興味」を持つ

  • 勉強は能動的に
  • 好きなことから掘り下げる
  • 何だろうと思ったら調べる

 

13位 失敗しても反省しすぎない

  • 否定的な言葉は使わない
  • 間違えた時こそこれも学びと前向きにとらえる

 

14位 「人と話す」と記憶が定着する

  • 話す相手は誰でもよい
  • インプットは「人に話す前提」で
  • 子供の学習能力アップには「質問」が効く

 

15位 「合わないやり方」に固執しない

  • みんなと同じを疑う
  • 「自分に合う方法」に変えていく
  • 「タイプ別勉強法」で合うやり方を探す

 

16位 速読を身に着ける

  • 本は「必要な所だけ」理解すればよい
  • 目的によって「本の読み方」を使い分ける

 

17位 タイムリミットを設けると集中力と記憶力が高まる

  • 目標には期限を設ける
  • 期限は細かく区切る

 

18位 やさしい参考書、入門書からはじめる

  • 「薄い」「わかりやすい」「早く読める」ものを選ぶ
  • 入門書は複数冊読む
  • 児童書やマンガが「いい入口」になる
  • 選ぶ本のレベルを徐々に上げていく

 

19位 「運動」が脳を鍛える

  • 運動すると記憶力が高まる
  • 効果的なのは有酸素運動
  • 有酸素運動は「1日1回15分」

 

20位 「五感」を総動員して学ぶ

  • 五感をできるだけ「同時に」使う
  • 「視覚記憶」を鍛える
  • スキマ時間は耳から学ぶ

 

三姉妹パパ
ランキング6位から20位までは、時間に対する意識や確実な理解が挙げられています

 

21位 インプットしたら必ずアウトウットする

インプットよりアウトップットに時間を割く

 

22位 「朝」と「夜」を使い分ける

夜はインプット、朝はアウトップット中心で

 

23位 合否は「過去問」の使い方で決まる

過去問を解いて、出題傾向を把握する

 

24位 ともに高め合える仲間を作る

「自分と同レベル」の仲間を作る

 

25位 疑問を持ったら「すぐ」に調べる

わからない事をそのまま放置しない

 

26位 音読をすると、記憶力がアップする

繰り返し声に出して、脳に刺激を与える

 

27位 「基礎」の徹底だけでも、合格できる

基礎が完成されていれば、応用問題も解ける

 

28位 他人を気にしない。自分に集中する

「周囲」とではなく「過去の自分」と比較する

 

29位 継続は力なり。少しずつ積み重ねる

「週末にまとめて」ではなく「毎日少しずつ」

 

30位 食事を変えると成績も変わる

カフェインには記憶力を高める作用がある

 

三姉妹パパ
ランキング21位から30位までは、生活習慣や意識が挙げられています

 

31位 身銭を切る、お金をかける

お金を払って自分を追い込む

 

32位 テストでは解ける問題から解く

テストでは見直す時間を必ず確保する

 

33位 マルチタスクはしない

優先順位をつけて、不要なことはやらない

 

34位 いつやるか?今でしょ

少しでも良いからとにかく始める

 

35位 「圧倒的な量」をこなす

学習の作業量を増や

 

36位 勉強内容はこまめに切り替える

飽きていたらほかの勉強をした方が効率的

 

37位 「自分のレベル」を正しく把握する

勉強についていけなくなったら、理解できるところまで一度戻る

 

38位 苦手こそチャンスがある

何が分かっていないのか、自分を見つめる

 

39位 ルーティーンを決めておくと集中しやすい

勉強前に集中力が高まる行動をする

 

40位 適度なストレスはパフォーマンスを高める

小さな我慢を自分に課す

 

三姉妹パパ
ランキング31位から40位までは、意識の取り組みが挙げられています

 

用途別の勉強方法まとめ

 

用途別に応じたランキングの勉強方法をまとめてみました。

用途により、どのような方法が効果的なのか確認します。

 

勉強前の準備

  • 「目的」と「ゴール」を明確にする
  •  ゴールから逆算して計画を立てる
  • 「集中しやすい空間」を作る
  •  学びの基本は「人から教わる」
  •  ルーティーンを決めておくと集中しやすい

 

勉強中に大切なこと

  •  ノート作りは「活用」を意識する
  •  スピードや暗記より「内容理解」
  • 「合わないやり方」に固執しない
  •  速読を身に着ける
  •  タイムリミットを設けると集中力と記憶力が高まる
  • 「五感」を総動員して学ぶ
  •  合否は「過去問」の使い方で決まる
  •  疑問を持ったら「すぐ」に調べる
  •  音読をすると、記憶力がアップする
  • 「基礎」の徹底だけでも、合格できる
  •  マルチタスクはしない
  •  いつやるか?今でしょ!
  • 「圧倒的な量」をこなす
  • 「自分のレベル」を正しく把握する

 

休憩と気分転換

  •  上手な「休憩」で学びの「質」が上がる
  •  一夜漬けにしない。よく眠る
  • 「朝」と「夜」を使い分ける
  •  勉強内容はこまめに切り替える

 

学んだあと、復習

  •  繰り返し復習する
  • 「ごほうび」でドーパミンを活性化する
  •  失敗しても反省しすぎない
  • 「人と話す」と記憶が定着する
  •  インプットしたら必ずアウトウットする
  •  苦手こそチャンスがある

 

テスト中

  •  テストでは解ける問題から解く

 

心構え、思考力、記憶力など脳の力の向上

  •  スキマ時間を活用する
  •  学ぶ対象に「興味」を持つ
  • 「運動」が脳を鍛える
  •  ともに高め合える仲間を作る
  •  他人を気にしない。自分に集中する
  •  継続は力なり。少しずつ積み重ねる
  •  食事を変えると成績も変わる
  •  身銭を切る、お金をかける
  •  適度なストレスはパフォーマンスを高める

 

勉強法のベストセラー100冊のポイントを1冊にまとめた本のまとめ

 

多くのベストセラー作家が推奨する勉強法ベスト5は、

  • 繰り返し復習する
  • 「目的」と「ゴール」を明確にする
  • 上手な「休憩」で学びの「質」が上がる
  • 「ご褒美」でドーパミンを活性化する
  • ゴールから逆算して計画を立てる

詳細な実践方法については、本に記載されているので参考になります。

特に、付録で紹介されている(「学びのしくみ」を最初に理解しておこう)は、とても参考になりました。

ぜひ、参考にしてみてください。

「勉強法のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。

-子供の教育
-, ,

Copyright© 日々絶好調 , 2022 All Rights Reserved.